大坂なおみの新コーチはサーシャでもジェンキンスでもなくLとY!

大阪なおみ選手が絶好調です。

全米二連覇はなりませんでしたが、その後の快進撃!

今年初めのサーシャバインコーチ解任からジェンキンスコーチも解任。

不調が続きましたがようやく光が差し込んできましたね!

その辺の理由を掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

大阪なおみ選手が絶好調!

 

9月28日から10月6日の北京で行われた・・・

チャイナ・オープン

ここで新女王二人をなぎ倒し優勝しちゃいました。

 

決勝で相対したのは、現在世界ランク1位の・・・

アシュリー・バーティ(オーストラリア)

フルセットで戦い抜き

  1. 3-6
  2. 6-3
  3. 6-2

のスコアで撃破!

 

大坂なおみvsアシュリー・バーティ

 

大坂なおみ選手もとっても嬉しかった様子。

こう言ってます。

 

「正直言って考えていたのは、いかに自分がこれに勝ちたいと願っているかだったので、すべてがすこく感情的になっていた」

 

だいぶ感傷的になっていたと告白。

そりゃそうですよ。

なんてったって今年の初めにオーストラリアオープンで優勝後はめっきり力を出せずにいましたから。

そして全米もランク1位で臨んだものの・・・

結果は4回戦どまり。

ナーバスになっても当たり前。

それを跳ね返そうとしていたんですね。

 

アシュリー・バーティとの決勝についてもこう言っています。

 

「第2セットで私は、すべてを論理的に考えるように努めたの。第3セットでは、ただ自分がやっていることを続けようとした」

 

感情的にならずに、理論的に考えるように努めたと言う。

そして、それを第3セットでも続けるよう肝に銘じたんですね。

 

確かにアシュリー・バーティとの第1セットは危なかった。

実際にセットを取られてしまう。

しかし、動画を見ていただくとお分かりのように第2、第3セットは全く違いました。

大坂なおみ選手は理論的に試合を進めることができたのです。

 

「私はこれが目標だった。USオープンで負けたあと、そのことについて本当に熟考したの。そしていま私は、やろうと試みたことをやってのけたと感じている」

「年半ばのパフォーマンスレベルの低下は私を謙虚な気持ちにさせ、たった今、自分がいる場所にいたいというモティベーションを掻き立てることになった」

 

うんうん。

すごく良かったよ!

がんばったね!なおみちゃん。

 

準々決勝での2019年全米王者との対決


大坂なおみVSビアンカ・アンドレースク

 

こちらも全米の新旧女王対決。

若干19歳のアンドレ―スク相手に・・・

2時間14分の死闘を!!

アンドレ―スクは17連勝中とノリノリでした!

が終わってみれば・・・

  1. 5-7
  2. 6-3
  3. 6-4

で大坂なおみ選手の勝ち!!

終始冷静さを貫いたその姿に、すばらしい成長を見たのです。

 

一体何がこの絶好調を招いたのでしょう???

スポンサーリンク

コーチはサーシャでもジェンキンスでもなく・・・

(本人のインスタグラムより)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみさん(@naomiosaka)がシェアした投稿

 

やっぱりこれが良かったんじゃ。

父親コーチ!!

レオナルド・フランソワ氏

やっぱ気持ちが落ち着くよね。

 

今年はコーチがらみのニュースが多かったし。

2月にサーシャ・バインコーチを解任した時は大きな話題となりました。

そして再び・・・

9月13日に・・・

ジャーメイン・ジェンキンスコーチの解任。

 

ここから父親フランソワコーチが就任したのです。

そして東レパンパシフィックオープンと北京オープンの2連勝と!!

コーチは父親が正解だったのでは??

 

でも、これは暫定的な処置となおみちゃん。

もちろん、父親のコーチに感謝はしているが・・・

こう言ってますね。

 

「父は私を苛立たせるから、私は腹を立て、その怒りを勝つための道具として使っているの」

 

やっぱり普通の父娘の部分もあるのかしら。

腹を立たせて勝たせるという親子マジックみたいなものでしょう。

しかし、これは父親的にもストレスがかかってる様子。

なおみちゃんもそう言ってる。

 

「父にとって非常にストレスがかかることなの」

 

確かに世界ランク1位を争う選手のコーチを父親がやるってのは・・・

父親にとってもストレスでしょうね。

 

それでなおみちゃんも

 

「これは長期のことではないと思うわ」

 

と述べ、父親コーチは一時しのぎとのお考え。

年末までの限られた時間らしい。

 

シーズンが終わって来季のオーストラリアオープン二連覇に向けて新たなコーチ就任っていうことかな。

 

そして、彼女にとってこれも大きな要素と言えるのが・・・

スポンサーリンク

大坂なおみの恋人パワー:YBNコーデ―

(出典:www.complex.comより)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみさん(@naomiosaka)がシェアした投稿

 

大坂なおみちゃんが恋人宣言。

インスタグラムで2019年9月12日に公開!!

こんなこと言っちゃってます。

 

「あなたが私の人生にいることをとても感謝している。いつもあなたから学び、触発され、とても楽しませてもらっている(笑い)。愛してるよ、キッド」

 

ヒューヒュー!!

するとYBNコーデイも「もっと好きだ」と返信。

アッツアツなお二人。

 

後日、「Hot 97’s Ebro」というラジオ番組に出演したYBNコーデイはそこで交際宣言。

バスケットボールのロサンゼルス・クリッパーズ試合観戦がきっかけになったそうだ。

 

「誰も味方してくれない」と嘆く時期があったと言うなおみちゃん。

そんな彼女に無条件で味方してくれる彼氏ができた!

これは精神的にも大きな支えですよね。

 

父親コーチと彼氏パワーで今、最高に盛り上がっていると言えます。

彼女の勢いを落とすことは不可能。

このままWTAファイナルまで突き進み優勝してほしいものです。

スポンサーリンク

大坂なおみちゃんのコーチはLとY

最近、お笑いコンビ「Aマッソ」が大坂なおみ選手に必要なのは日焼けしすぎの肌に漂白剤だとネタにした。

肌の色をお笑いのネタにするという失敗をやらかしたのだ。

このネタはお笑いの会場のみならず、ネットにも広がり大ブーイング。

事務所も本人たちも謝罪に追い込まれた。

 

しかし、これに対するなおみちゃんの対応が素晴らしいと全世界が大絶賛。

 

「〝日焼けし過ぎ〟って(笑い)。メチャクチャね。知っての通り、私は資生堂アネッサのパーフェクトUVスクリーンを使っているから日焼けはしないのよ(笑いの絵文字)。」

 

スゴイ!

何かと敏感になりがちな話題をサラリとスポンサーネタでかわした。

米スポーツ専門局ESPNはこう解説。

 

「あらためてナオミ・オオサカの素晴らしさを再認識できる出来事」

「彼女はハイスピードで世界の頂点に立ったことで環境が激変し、一時期はそのあまりのスピード変化によって心身ともに対応できなくなってしまっていた。コーチとの契約問題が発生したことも、もちろんその大きな変化の要因に含まれる。でも、その苦しい時代を体感して乗り越えたことでメンタルは以前にも増して非常に強くなった。本来であればデリケートな問題としてとらえ、ナーバスになって塞ぎ込んでしまったとしても不思議ではない。それでも彼女はユーモアあふれる言葉で自身が平常心を保っていることを皆に知らせ、そして『笑い』も与えた。ナオミ・オオサカはとても素敵で強い、模範のような日本人女性だ」

 

そう!

こんな不機嫌な出来事も笑い飛ばす精神力が今はある。

それもLコーチこと・・・

レオナルド・フランソワ氏

(Leonardo François)

 

そしてYコーチこと・・・

YBNコーデイ氏のおかげ!

 

二人がそばにいてくれれば、今のところは怖いものなし。

WTAランキング1位奪還も遠くないのだ!!

 

最新WTAランキング

1位:アシュリー・バーティ/7096ポイント
2位:カロリーナ・プリスコバ/6015ポイント
3位:大坂なおみ/5621ポイント
4位:エリナ・スビトリーナ/5525ポイント
5位:ビアンカ・アンドレスク/5041ポイント
6位:シモナ・ハレプ/4962ポイント
7位:ペトラ・クビトバ(Petra Kvitova、チェコ)/4776ポイント
8位:キキ・ベルテンス(Kiki Bertens、オランダ)/4495ポイント
9位:セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)/3935ポイント
10位:ベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic、スイス)/3848ポイント

 

2019年10月現在の所は世界ランク3位のなおみちゃん。

8人の成績上位者で戦うWTAファイナルの出場も決まっている。

ここで、優勝をかっさらおう!!

 

 

大坂なおみ選手のライブ中継なら・・・・

DAZNが一番!!

トライアルもあるのでまずは1ヶ月見てみよう!

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

なおみサイトのライン@に登録して最新情報を逃さないようにしよう!!

友だち追加

なおみの秘密
スポンサーリンク
GoGoなおみをフォローする
大坂なおみサイト